考える鱒

モラトリアム文系院生のつぶやき

MENU

読書めも:世界のエリートは大事にしないが普通の人はそこそこ役立つビジネス書

今回の本は面白かったです。(一行目からハードルを上げていく)

 

タイトル長くないですかね??(笑)

 

☆概要

・真面目な本っぽいけどそうでもない、でもやっぱり真面目だったりする

・とにかく普通のビジネス書ではない(普通のビジネス書はタイトルにわざわざ「ビジネス書」と書かないからね)

・この間東京に遠征したのだが、その際に持っていって周りに見せたら盛り上がった、これはパーティゲームするより盛り上がれる本です。

あれ全然概要じゃないや・・・

 

☆著者について

林雄司さん

・知る人ぞ知るサイト「デイリーポータル Z:@nifty」の編集長。

・サイトに飛んでいただけたらお分かりになると思いますが、全く意味わかりません。

 

☆個人的にツボだったポイント

いちばんになる→キラーを目指す

いろいろです→ケースバイケース

ウハウハです→ウィンウィン  

(「かっこいいビジネス用語」を駆使する より)

等々いっぱいあって書ききれません。

かっこいいビジネス用語はあいうえお順で並んでいるのですが、「う」の時点でこんだけツボだったのですさまじいことになってました。ウィンウィンマジでわろたww

 

あとは本の最後のところ。Webにもありますが、

「どうでもいいことをプレゼン資料にする」

「ペリーがパワポで提案書を持ってきたら」は鉄板です。

 

☆真面目に使えそうなところ

・ネットメディアのノウハウ・スタンス・キャラクター設定、あとはお詫びメールの作り方。

以上。あれ・・・

こういう生き方が、デイリーポータルZを生み出しているのですね。。。