考える鱒

モラトリアム文系院生のつぶやき

MENU

ミネルヴァのふくろうは

やりたいこととか。

やれることとか。

 

過去がどうだとか。

未来がどうだとか。

 

納得いったかとか。

納得してないとか。

 

そんなことが大事なのか?

勝手に人間が考えては、それに囚われていく。

 

働きがいがどうだとか。

生きがいがどうだとか。

 

社会がどうだとか。

時代がどうだとか。

 

自分の考えていることなんて、ちっぽけだ。

 

人間にできることなんてたいしてない。

 

世の中理不尽かもしれないけど、そんな理不尽だらけで成り立っているのだから、理不尽でないのかもしれない。

 

どうだっていいし、どうなってもいい。

そう考えたとき、初めて変わる。

 

今の自分への言い訳を考えるのは無駄だ。

いい加減気づけよ。

 

フラットにとらえる。

 

もうなんだっていいでしょ。