考える鱒

モラトリアム文系院生のつぶやき

MENU

最初が肝心

f:id:jmath:20170702131856j:plain

 

最初が肝心。

 

ということは知ってはいたけど。

やはりそうだということを知った。

 

大学時代に残した名言?「人は見た目が9割」にも通ずるところがある。

 

最初によくしておけば、チャンスが回ってくる。

チャンススパイラルというやつだ。

 

というか最初で信頼してもらわなければ終わることもざらだ。

人間関係でも、仕事でも。

 

たまーに、逆に最初印象が悪いけどたまにいいっていうギャップもあるだろうけど。

 

とにかく、自分の得意な領域でアピールするしかない。

 

株と一緒で、最初よければ一度信頼が落ちても「またこれくらい戻ってくるのではないか」という期待を持たせることができる。

こいつが肝心だと思っている。

 

最初だけでも実績を作ることは重要で、周囲からの目が変わる。

そこを足掛かりにして、さらなる実績を生み出す。

 

だから、一番最初が大事なんだっていうこと。

わかってはいたけど、ちょうどそういうことをアドバイスされることが何度かあったから。

 

何よりも、結果を残すことが一番のモチベーションだからね。