考える鱒

モラトリアム文系院生のつぶやき

MENU

暑い夏がやってきた

暑すぎる。

おかしい。

 

ちょうど、あまりスーツを着なくてもいいようになったけど。

 

社内ではいい噂も悪い噂もすぐ広まるもんだな。

 

本当につくづく感じる。

 

ただ社内で通用する人間はそれまでだし、価値を生み出せているのかっていう問題。

 

いろいろ変化している。鬼のように毎日が早い。

 

別れを惜しむのもいいかもしれないけど、そこはドライにやっていくべきであって。

 

以前がよかったとか、そんなことを言っている場合ではない。

 

これから適応すべきであり、変えていくべきである。

 

鬼のように働きたい。

 

というか、絶望感が強すぎてそうせざるを得ない。

 

なんだろうな、この感じ。

 

変化を楽しむ感じ、悪くない。

 

さらに加速させていければなぁ。