考える鱒

モラトリアム文系院生のつぶやき

MENU

ビジネス企画における、社会人にはない学生の強み

f:id:jmath:20161110135619j:plain

ビジコンやコラボ企画など、マーケティングのゼミでは企業とタイアップしたり、企画することが多いみたいです。

知り合いの情報がFacebookに流れてきたりすると、なんかやっているんだなぁという感じで受け止めています。

 

ビジネスの企画での学生、大学生の優位性って何でしょうか??

ざっと考察してみました。

 

 

☆学生の強み

・時間がある

→これが一番優位なんじゃないかと思います。働いている社会人よりも、なんやかんや時間があります。なので調査や深堀りするチャンスは圧倒的にあるのです。

・学生目線

→これはベタですね。ユーザーでもあるので。インターンで新規企画とかやるときはだいたい学生向けのサービスになります。だって気持ちがわかりやすいんだもん。

・大学とのコネ

→大学の設備はもちろん、第一人者の教授から知識を得たりとか、先端的な研究を知れたりします。大学というリソースは案外使えるものです。

・若さ

→若さゆえの、新鮮で斬新な発想が求められます。強みというか期待?あと、学生だから~でなんか許されることもあります。甘くみてもらえたり、可愛がってもらえたり。

 

 

☆学生の弱み

・お金がない

→時間はあるけど、お金がありません。企画の準備段階では金をいかにかけずにやるか?がポイントとなってきます。

・社会人経験がない

→これは社会人の強みを、そのまま弱みに返したものですね。ビジネス感覚やリアル感がつかみにくい。計画や実際のイメージなど。

・若さ

→若さゆえに、逆にナメられる可能性があります。強みの裏返しですね。

 

 

☆じゃあ、どうするか??

→弱みを見ていても仕方ないので、強みを生かして泥臭くやるしかないですね。
それが、勝つ方法になるのではないでしょうか。

リソースをフル活用していきたいですね!!