読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える鱒

モラトリアム文系院生のつぶやき

MENU

会議のお供にカントリーマアムを勧める4つの理由

スキル・テクニック

f:id:jmath:20161102220324j:plain

カントリーマアムっておいしいですよね!

無難に、ほとんどのお店のお菓子コーナーに置いてあります。

でもカントリーマアムって、おいしいだけじゃないんです!

 

この間の会議(ミーティング)にカントリーマアムを持っていったら・・・

カントリーマアムが仕事をしてくれてとてもいい会議になりました!!

その理由を追いながら、カントリーマアムの偉大さを一緒に感じましょう。

 

会議のお供にカントリーマアムを勧める4つの理由

①おいしい・甘いのでリラックスして会議に臨める

②食べるときに音がしないので会議を妨げない

③ファミリーパックでラクラク調達できる

④2種類の味でコミュニケーションを図れる

 

 

①おいしい・甘いのでリラックスして会議に臨める

→一番大事かもしれません。おいしいは正義。

万人受けするお菓子なので、会議前に「今日カントリーマアム持ってきましたよ」と言うだけで参加者のテンションが上がります。さらに甘いものを補給することにより脳がリラックスできます!(嫌いな人も中にはいるのでそこはリサーチしておきましょう笑)

会議中にお菓子を食べることの賛否はありますが、硬い雰囲気を打破できるので賛成派です。何よりお菓子食べている人見ると和みませんか??

f:id:jmath:20161102221309j:plain

大きさが食べやすいサイズなのもポイント高いですね!!

 

 

②食べるときに音がしないので会議を妨げない

→会議のお供にするお菓子にとっては大事です。

ポテチはバリバリ食べる音がするので集中しにくいです(経験済)。ポテチはさらに手がベトベトになりがちなのでパソコンとの相性が悪いですし・・・同じ理由で、溶けやすいチョコもイマイチでした。

カントリーマアムは手に優しく、音も出さないので会議を邪魔しない!!

 

 

③ファミリーパックでラクラク調達できる

→調達の手軽さについてです。

だいたいコンビニかスーパー行けばファミリーパックがある上に、

ファミリーパック1袋で20枚入っているので大規模な会議でない限り、足ります!

思考停止で選べる点も、評価ポイントとさせていただきました!!

簡単で、誰でもすぐに実践できますね!

 

 

④2種類の味でコミュニケーションを図れる

→会議におけるコミュニケーションの観点からです。

とりあえず何でもお菓子を用意しておけば「お菓子持ってきたから、食べへん?」とコミュニケーションは取れます。

しかし、

・マニアックな食べ物(マイナーなお菓子)

・好き嫌いが激しい食べ物

・そもそも上司と部下の関係等で相手が遠慮してしまっている

上記のような場合は「お菓子ですか、結構です・・・」と気まずい空気になって逆に会議に悪影響を与えてしまいます。

 

そこで、カントリーマアムは一味違ったコミュニケーションを創出するのです。(宣伝文句みたいww)

「バニラとココアやったらどっちがいい?」

「カントリーマアムはバニラ派?それともココア派?」

こう言えるのです。

お菓子を食べるか否か:Yes or Noの構図を、カントリーマアムは

バニラかココアか:Yes or Yesの構図にしてくれます!(一部の嫌いな人除く)

f:id:jmath:20161102222601j:plain

また、この話しかけによりバニラ派とココア派で分かれて簡単に言いあい・議論ができてコミュニケーションを活発にできます!コミュニケーションが苦手な自分にとっては心強い味方です。(たいていココア派が少数になるけど泣)

カントリーマアムは会議前の話題をすんなり作ってくれるのです!!

 

 

☆まとめ

①おいしい・甘いのでリラックスして会議に臨める:会議の効果

②食べるときに音がしないので会議を妨げない:会議の妨害性

③ファミリーパックでラクラク調達できる:簡易性(難易度)

④2種類の味でコミュニケーションを図れる:確実性・追加効果(ゲームみたいww)

それぞれの観点から、カントリーマアムを勧める理由を説明していきました。

 

カントリーマアムには皆さんご存知の通り、無限の可能性がありますね!!!

明日の会議の前に、ひっそり準備してみてはいかがでしょうか??

 

 

(なお、食べたときにこぼれがちなのはご愛嬌)