考える鱒

文系院生がITベンチャーに迷い込んだブログ

MENU

オリンピックとメディア報道

夏季オリンピック冬季オリンピックを合わせれば2年に1回はやってくるので、

2年に1回は感じることがあり、またこういう声があがってくる。

「金メダリストと銀・銅メダリストの差、およびメダリストとそれ以下の人との報道の差が大きい」

「日本人だけ取り上げる、偏重した報道をする」

という声だ。

 

まぁわからなくもないし自分も10年前ぐらいはこの立場だったのだが。

オリンピックはアスリートの祭典であり、現代の戦争でもあるのだ。

 

メダルの数、とりわけ金メダルの数で各国競争するし、そのために選手への強化予算などの支援をしている。

 

そのため自国優先であり、成果を上げた者を優先するのは理にかなっている。

 

なによりも、競争して1番を決めるスポーツなのである。

オリンピックは、まさに頂上決戦。

そんな世界に情けはいらない。

 

期待を裏切ってしまった場合に、関係の薄いファンに批判されるより「思うようにいかなかったけど頑張った」とフォローされたほうが嬉しい選手は、日本代表にもなれていないのではないか。家族や身内の人からの言葉はまた違うだろうけど。

もちろん、代表を背負って立つというプレッシャーもまた大きいのだろうけど。

 

別に選手間の報道を実力の差でつけなくてもいいだろうけど

そうしたらメダルを取った・活躍した選手の話は今までよりも短くなる。

別に日本だけを取り上げなくてもいいだろうけど

一部のコアな人はそれでも見るけど、大抵の人はオリンピックに感心がなくなる。

少なくとも地上波では採算が合わないだろう。

 

どちらかというと、

「金メダリストと銀・銅メダリストの差、およびメダリストとそれ以下の人との報道の差が大きい」

「日本人だけ取り上げる、偏重した報道をする」

上記をせざるを得ない。

 

オリンピックは、開催国決定から各種目のルール変更(柔道とかこれで日本は苦労している)、ドーピング・報道に至るまで、ナショナリズムにあふれている。

そんなイベントも他にはそうなくて、

色々考えれば考えるほど、奥が深い。