考える鱒

モラトリアム文系院生のつぶやき

MENU

読書めも:采配

 

采配。采配。

 

☆概要

落合博満元中日監督の信念、哲学。

この方は監督時代「オレ流」と呼ばれる、変わった采配で中日を黄金時代に導いた。

実際のあの時の現場では・・・みたいな裏話系が多い。監督時代は秘密主義で(これにも意図がある)、何考えていたかわからなかったのでそれを暴露するみたいな。

個人的には、とにかく強かったので監督としてとても好きだった。

 

☆残念な点

まぁそら野球の人でありプロの作家とかではないので、文章や言葉はそんなに上手じゃない。

大衆ウケを意識したのか出版社にさせられたのかわからないが、「ビジネスマンでも同じで~」みたいな、読者向けにすごく視点を落として?例えているけど正直必要ない。

 

☆内容など

はっきり言って面白い。レギュラーを勝ちぬく、生き残るためのメンタル・考え方など。

例えば「心技体」ではなく「体技心」のところだと、

ならば試してほしい。どんな人でも、何かの技術を身につけようと、ひとつのことに打ち込めば、性格や考え方にも変化が生まれるのだ。自分に自信が芽生えれば、他人の言うことにも耳を傾けるようになるし、自分の殻に閉じこもってしまうこともない。

(P37) 

 自信があるから技術がついてくるのではなく、技術がついたから自信を持てるというのは共感できる。

 

自分の目標を達成したり、充実した生活を送るためには、必ず一兎だけを追い続けなければならないタイミングがある。

(P53) 

 エッセンシャル思考っぽい。

「目の前にある仕事にしっかり取り組もう」と割り切るべき

(P248)

 あとは、

基本的に伝統的・古風な考え方(昔の人って感じだが、強い)

マネジメントやリーダーシップなんかもすごく考えている

何よりも戦略・マーケティングに優れている

こんな印象です。

マネジメントやらなんやらに実践しています。ただなかなか納得してもらうのは難しい。