考える鱒

モラトリアム文系院生のつぶやき

MENU

話すタイプ・聞くタイプ

f:id:jmath:20161202215626j:plain

話すタイプと聞くタイプ。

あなたはどちらだろうか??

 

経験上、「どちらかというと聞くタイプです」という回答が多い気がする。

 

でも、本当にそうだろうか??

 

自分は聞くタイプだと思っていた。

実際自分から話しかけることなんてまぁ少ないし、人の話を聞くのは面白い。

 

だけど、最近気づいてしまった。

なんだかんだで、話したがっていることを。

 

人の話を聞くのは面白いから聞くタイプです、という人はもちろんいる。

そして、それは実際面白い。そこは本当だろう。

 

でも、その面白く聞いていると、何か付け足したりする会話をしたくなる。

余分なことをついつい重ねてしまう。

あと、自分の場合はタチが悪くて、話している途中でも割り込んでしまう。

 

そう、実は結構話したがりなんだ。そしてそれに気づいたのが最近。

 

それからは、「余分なことは話さずに、聞き役に徹する」よう意識する技を習得した。

 

知らない人・信頼が少ない人にはあまり話さずに聞く人って、

信頼がある人にはより一層話したい人なんじゃないかな。

 

誰しも、自分のこと等を話したい。話したらスッキリするしね。

 

という最近の仮説。

 

聞き役に徹するのが、インタビュアー。