考える鱒

文系院生がITベンチャーに迷い込んだブログ

MENU

背景も何もなく頑張れる才能

「物事の背景や意味を教えてあげないと理解できない」

 

人がほとんどで、だから先生たちはそれを教えようとする。

 

受験勉強を思い出してみると、

 

「なんで日本史やらないといけないのか」

 

「受験科目にあるからやってるだけで興味ない」

 

という科目はあったりするのが当たり前だ。

 

オストワルト法がどうやって発明されたかとか

 

三角関数が誰が思いついたのかとか

 

そういうことを知らないと覚えられない

 

というマインドよりも

 

とりあえず法則として覚える

 

意味や目的はわからないけどこう聞かれたらこう答える

 

と身に着けるマインドの人のほうが成績が伸びる。

 

何かわからなくても身に付くというのが理想である。

 

そもそも、受験勉強の法則や定理は

 

特に物理・数学では

 

定理の証明は高校レベルではできず

 

大学の分野を使ってはじめて証明できるものも少なくない。

 

背景も何もなく頑張れることは、立派な才能だ。

 

ある意味、いい大学に入るという

 

質の違った目的や意義だけが目的になる。

 

なんでもかんでも言い訳をしたり文句を言って

 

やらない

 

という決断をした、もしくはいつの間にかしていた

 

そういうことはしたくないし、すべきではない。