考える鱒

モラトリアム文系院生のつぶやき

MENU

読書メモ

読書めも:未来に先回りする思考法

歴史とか学者の情報が豊富で、なんだか自分のゼミの教授の本を読んでいるようだった。

ダントツにすごい人

自分が大好きな森川亮さんの本のメモ。

読書めも:僕は愛を証明しようと思う。

非モテコミット男子が、噂の恋愛工学とやらにとうとう手をつけてしまいました。

読書めも:采配

落合博満『采配』を読んだ感想などのめも。

入社0年目が『入社1年目の教科書』を読んで

来年度就職する学生が、『入社1年目の教科書』を読んでみました。

読書めも:諦める力

『諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない』 ☆読むようになった経緯 これまでインターンや課外活動、フィリピン調査、中国農業など色んなことに手を出してきたのですが、今年になって就活辞めてインターン辞めてバイト辞めて、「選択と集中」を意…

読書めも:世界のエリートは大事にしないが普通の人はそこそこ役立つビジネス書

今回の本は面白かったです。(一行目からハードルを上げていく) タイトル長くないですかね??(笑) ☆概要 ・真面目な本っぽいけどそうでもない、でもやっぱり真面目だったりする ・とにかく普通のビジネス書ではない(普通のビジネス書はタイトルにわざわざ…

読書めも:シンプルに考える

就活を今年3月に終えてから読書を始めた鱒です。 それまで超読書嫌い人間だったのですが。 「暇な時間今ぐらいしかないし」と思って、自分への投資だと思って読んでいます。 突然ですが、今回はそれまで50冊ほど読んだ中で、一番印象が強い本の紹介です。 シ…